BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 358,739社・778,579事業所・1,130,695

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

〔日刊水産経済新聞〕 東芝テックとの協業がスタート
2009年10月09日発行/8面

 (株)インフォマートは10月1日、同社のフード業界向けシステムである「FOODS Info Mart ASP 受発注システム」と、東芝テック(株)の伝票発注や売り上げ管理を行うことができる基幹システム「事務コン」とのデータ連携を開始した。両社間の協力関係を築き、システム内データの連携、営業活動を共に行っていくことで、両社の利用企業である食品卸や生鮮卸企業に、新たなデータ活用の機会を提供し、業務の効率化を実現することがねらい。

ASP受発注システムを利用する、商品の売り手企業1万4478社のユーザーを対象に、すでに事務コンを導入している共通ユーザーおよび今後自社システムの見直しを図るユーザー向けに、連動による効果の説明や営業活動などを東芝テックと行っていく予定だ。

 今回の協業により、これまで独立して行ってきた日々の伝票入力業務や売り上げ管理データ入力などの事務作業を大幅に改善する。

インフォマートのASP受発注システムを利用している企業は新たに事務コンを活用・データ連動を行なうことで、受発注業務だけでなく、伝票発行・売り上げ管理・財務会計などを含めた、データの一元管理と業務の効率化を図ることができる。

今回は、東芝テック東京支社を中心に開始したが、今後、全国の東芝テックの支社店に向け、両社のデータ連携における顧客への業務効率化・生産性向上に向けた取り組みを強化する方針。2010年12月末までに約100社の連動実績を目標に取り組む。

【 こちらもご参照ください 】

ページトップへ