BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 172,980社・483,586事業所・737,212

2016年度流通金額:2兆2,942億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

「コンカー」とアライアンスパートナー契約を締結
〜API連携を開始し、取引先の請求書電子化・企業の業務効率化・コスト削減が拡大〜

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照、以下「当社」)は、クラウド型出張・経費精算のリーディングカンパニーである株式会社コンカー(東京都千代田区 代表取締役社長:三村真宗、以下「コンカー」)とのAPI連携を開始し、「BtoB(企業間電子商取引)プラットフォーム」提供における「アライアンスパートナー契約」を締結したことをお知らせいたします。

【 概要 】

 近年、企業が抱える業務効率化、コスト削減等の課題解決として、ペーパーレス化による生産性向上ニーズが高まっております。この度、請求業務をWeb上で行える当社の「BtoBプラットフォーム 請求書」と、サービス提供者からの請求書支払い業務を一元化するコンカーの「Concur Invoice」がAPIによるシステム連携を開始しました。

 「BtoBプラットフォーム 請求書」で受け取った電子請求書を「Concur Invoice」に連携し、「Concur Invoice」で他の書類と共に社内回覧や承認、さらに支払処理までの作業が行えるようになります。APIによるシステム連携のため「Concur Invoice」に一度ログインすると、次回以降は自動で連携されます。

 この連携で、両社の利用企業は、これまでの紙の請求書のスキャン・入力などの作業の手間が削減されると同時に、社内回覧から支払い処理までの業務プロセス一元化が実現します。

 また、この度、当社とコンカーは企業の間接業務コストの削減を、両社協力のもと、一層強力に進めることを目的に「アライアンスパートナー契約」を締結いたしました。

 今後も、「BtoBプラットフォーム 請求書」と「Concur Invoice」の連携を活かし、両社で企業の電子化を推進してまいります。

【 連携図 】

【 「BtoBプラットフォーム 請求書」について 】

 企業間における請求書の受取・発行をクラウド上で行うプラットフォームです。請求書の受取側と発行側が同じプラットフォームを利用するため、企業間のやりとりを含めた請求業務の全てがWeb上で行えます。また、電子帳簿保存法に対応しており、企業規模問わず請求書の電子化・ペーパーレス化が可能になります。

 ※こちらから導入事例・製品情報をご覧いただけます。

【 「Concur Invoice」について 】

 請求書支払の運用管理をSaaSで提供。消耗品・水道光熱費・外部サービス費などのサービス提供者からの請求書支払い業務を一元化することで、間接費の透明化を支援。担当者の支払依頼登録後、サプライヤー登録の有無などのチェックが行われ、組織、費目、金額に応じて、自動で承認ワークフローが起動、経理担当者は、従来の紙やExcelのデータ入力や、また、会計システムへの入力を行うことなく、事業部門からの支払依頼の確認や処理が可能になります。

【 会社概要 】

[インフォマート](2016年9月末現在)

 会社名:株式会社インフォマート(東証一部:2492)
 代表者:代表取締役社長 村上勝照
 本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
 設立:1998年2月13日
 資本金:32億1,251万円
 事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
 従業員数:408名
 URL:http://www.infomart.co.jp/

[コンカー](2016年10月末現在)

 会社名:株式会社コンカー
 代表者:代表取締役社長 三村真宗
 本社所在地:東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル11F
 設立:2011年2月
 資本金:4億5,000万円
 事業内容:出張・経費管理クラウド "Concur Travel & Expense" の提供
 従業員数:96名
 URL:http://www.concur.co.jp/

ページトップへ