BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 155,043社・461,170事業所・696,615

2016年度流通金額:2兆2,942億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

「ターコイズ販売管理システム」と「BtoBプラットフォーム」がシステム連携
〜卸企業など業務効率化に向けたソリューションを共同で提供〜

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:米多比 昌治、以下「当社」)が提供する「BtoB(企業間電子商取引)プラットフォーム」と、北陸コンピュータ・サービス株式会社(富山県富山市 代表取締役社長:平瀬 隆、以下「北陸コンピュータ・サービス」)が提供する「ターコイズ販売管理システム」は、企業の請求業務における生産性の向上を実現するため、システム連携を開始しました。今後も共同で企業の利便性向上のための便利なソリューションを提供してまいります。

連携ページ:https://www.infomart.co.jp/products/cooperation/hcs.asp

【 提携の理由と概要 】

 当社は、日々の受発注や請求業務など企業間の紙で行われている商行為をWeb上で行えるシステム「BtoBプラットフォーム」を提供しています。現在、利用企業数は144,839社、442,332事業所(2017年6月末現在)の企業様にご利用いただいております。

 北陸コンピュータ・サービスは、お客様特有の業務プロセスやご要望に柔軟に対応することが可能な「ターコイズ販売管理システム」を提供しています。優れた拡張性を持ち、機能とコストを高次元で両立することが可能で、現在、200社以上の導入実績があります。

提携の理由と概要図

 「BtoBプラットフォーム」で受注したデータを「ターコイズ販売管理システム」に取り込み、また、「ターコイズ販売管理システム」から出力される請求データは「BtoBプラットフォーム」を通じて取引先へ請求することが可能です。これにより、業務効率化、コスト削減、スピードアップが実現します。

【 「BtoBプラットフォーム」について 】

 「受発注」「請求書」「商談」「規格書」「業界チャネル」の5つのサービスから成り立ち、企業間の紙で行われている商行為をWeb上で行えるシステム。「BtoBプラットフォーム」を利用することで、企業の生産性向上、時間短縮、コスト削減、ペーパーレス化・CO2削減を推進し、環境に貢献。

【 「ターコイズ販売管理システム」について 】

 オブジェクト指向開発を採用した自社設計の販売管理システム。様々な業種・業態での導入実績を持ち、お客様個々の課題に対応したカスタマイズが可能。また、自社データセンターも保有しており、インフラ面においても柔軟な構築が可能。

【 会社概要 】

[インフォマート](2017年3月末現在)
会社名 株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者 代表取締役社長 米多比 昌治
本社所在地 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立 1998年2月13日
資本金 32億1,251万円
事業内容 BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数 426名
URL https://www.infomart.co.jp/

[北陸コンピュータ・サービス](2017年4月現在)
会社名 北陸コンピュータ・サービス株式会社
代表者 代表取締役社長 平瀬 隆
本社所在地 富山市婦中町島本郷47-4(富山イノベーションパーク内)
設立 1967年10月
資本金 2億4,000万円
事業内容 データセンター事業、システム構築事業
従業員数 565名
URL https://www.hcs.co.jp/