Info Mart Corporation Recruiting Web Site 2016

インフォマート採用情報

経営者メッセージ

心が変われば、態度が変わる。態度が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人格が変わる。人格が変われば、運命が変わる。運命が変われば、人生が変わる。

自らチャレンジを求め、本当にやりたいという意志を持っている人には必ずチャンスを与えます。
自分の目標に向かってチャレンジし続けてほしいと思っています。

この採用ページで、インフォマートがどのような会社なのか、働く人がどのような思いで
仕事に取り組んでいるのかを、感じていただきたいと思っています。

皆さまの就職・転職活動における一助となれば幸いです。

代表取締役社長 村上 勝照

応募を検討されている方へ

まずは事業内容やビジネスモデル、世の中にないものを広めていくという理念に共感してもらうこと、そしてインフォマートのビジネスモデルに魅力を感じてもらい、インフォマートの価値観を共有し、一体化してほしいと思っています。

各分野においてプロフェッショナルに、そして一流になってほしいですね。

営業の場合で言えば、営業としてどんな会社に行っても通用するような人材。与えられた仕事をこなすだけでなく、「自らが新しいインフォマートを創るんだ」という気概をもって取り組んでほしいと思います。私は会社に対して、“私の会社”とか、“私のもの”という気持ちはありません。今後、会社が更に成長し、伸びていく中で、この考え方だけは崩したくないと思っています。会社は皆のものであって、社長のものではないのです。“皆で一丸となって会社を運営していく”との気持ちで、仕事に臨み励んでいただきたいと思います。

会社の雰囲気はいかがですか?

他社と比べると家庭的な雰囲気があると思います。若い社員が多いので活気もありますし、それぞれ目標設定もしっかりとできていて、且つ前向きに物事を考えられる人が多いです。

仕事終了後はどのように過ごされていますか?

会社の近くの居酒屋やレストランなどに、社員を誘ってよく飲みに行きます。
普段会社では聞けない社員の本音を聞ける大切な時間ですね。

夢は何ですか?

BtoBプラットフォームで、取引関係のある企業と企業を、社内を、ビジネスパーソンを、つないで結び、会社経営、ビジネススタイルを大きく変えるシステムを提供したいと思っています。そして、企業や人が中心となり自然に業界の垣根を超え、国の垣根を超え、世界に広がるシステム、事業を構築し、グローバルなBtoBプラットフォーム企業を目指したいです。

最後に、社員全員が明るく、楽しく、やりがいをもって仕事に取り組めるよう、会社を通じて社員の幸せに貢献していくこと、これも夢であり、追求していきたいですね。

仕事をする上でのポリシーは何ですか?

“現場主義”です。インフォマートを設立したときは、私にとって「食」や「インターネット」が専門分野ではありませんでしたので、フード業界の現場の方の意見を聞きながら、BtoBプラットフォームをつくってきました。今も、お客様のニーズを聞きながら、そして教えていただきながら、BtoBプラットフォームのバージョンアップを行っています。

私の言う“現場主義”は、お客様の現場で起きていることを知り、解決策を考えるという意味ですので、“お客様第一主義”という言い方もできるのかも知れませんね。よく使われる言葉ですが、中身が大事だと思っています。お客様の意見に耳を傾け、お客様主導で進めていく。『ニーズの塊』でないとこれからの時代は生き抜いていけないと思っていますので、『社会のニーズの塊』でありつづけたい、そう思っています。

代表取締役社長 村上 勝照

プロフィール

1965年、山口県生まれ。小学校から野球を始め、甲子園を目指して宇部商業高等学校へ進学。高校3年時、全国高等学校野球選手権大会ではベスト8まで勝ち残る。

高校卒業後、山口県信用農業協同組合連合会に就職。その後、仲間内で会社を興したものの失敗し、建築・不動産業で営業職に従事。知り合いから大手百貨店の役員を紹介されたことがきっかけとなり、食品の売り手と買い手をマッチングさせる事業アイデアを発案。


1998年2月、株式会社インフォマートを設立し、フード業界のBtoBプラットフォーム「FOODS Info Mart」の運営を開始。2016年からは、全業界向けのBtoBプラットフォームの展開を開始。現在に至る。

ページトップへ